小さい頃からモノを調べることは好みでしたが、本格的にハマリはじめたのは結婚してからで、四六時中、減額に取り組むこちらにとっては「アレいいな」として経費を見ても「ふむふむ、感動!」「身なり以上にお大きいな」ということがよくありました。

そんな時、書店で運命の出会いを果たしました。「100均グッツを使ってDIYを楽しむ」という感じの内容の正規でした。中に目を通してみると経費にも幅がありますが安っぽいものでは1000円以下でとれる商品もあり、日頃から100円仕事場にはぐっすりお世話になっていることもあってか、DIYを身近に捉え、「これならこちらにも行えるかも」と思った時機でした。

一旦手始めにつくってみたのは「すのこ」って「まな板」を使ってつくるちっちゃな棚でした。これが誠に「木工行動ボント」だけでできるとあってアマチュアのこちらにおいてちょうどでした。総加工費も500円。先日居残る品屋様でみた棚は3000円以上したので何となく利得した一色でしたし、自分でつくったこともあり、尚更愛着も湧きます。

目下、その棚は多肉植物をかざる棚として活用しています。彩る企業がナチュラルなニュアンスな所だったので、「すのこ」といった「まな板」の元凶単にを活かした棚にしましたが、今回流行りの「美少年内装」にハマリつつあるので色づけなどにも挑戦していきたいと思います。http://www.ccrdtz.com/